サイドイレブン

ガンプラ成分多めでお送りしますが、ナゼナゼ君なので日常の疑問、矛盾、なぞを独自の視点で鋭く取り上げていきたいと思います。

Amazonアソシエイト審査に通った話

f:id:side-eleven:20191122094425p:plain

とは言っても先に審査が通ったのは、YouTubeの動画チャンネルのほうでして。

今回はブログでは無く、YouTubeでのアソシエイト・プログラム審査承認に

ついてにはなりますが、お話したいと思います。

初回申込は無謀にもチャンネル開設とおなじ

一番最初の審査申込は無謀にもチャンネル開始とほぼ時をおなじくして。

投稿記事にすると一つか二つあった程度でしょうか。

今にしたら無謀極まりない試みでありますが、結果は当然不合格。

そしてそのメッセージは

~現段階ではコンテンツが少ないため、必要な審査を行うことが

できませんでした。

サイトについては作成されたものをすぐに申請されるのではなく、

十分な期間運用いただく等コンテンツを拡充の上で申請

いただきますようお願いいたします。

というなかばお叱りを受けるようなメッセージが返ってきました。

まぁ常識的に考えればわかりますよね、始めたばかりのサイトに権限を与えるほど

Amazon様も甘くはありません。

散々Prime会員アピールをしたのですが全く効果が無かったようでしたw

 とにかく言われたようにコンテンツの拡大が急務の為自分なりではありますが

動画投稿本数を増やすことに。

それ以降動画の投稿に専念する日々が続いてしばらくAmzonアソシエイトの

事は頭の片隅に追いやられておりました。

およそ一年後

月日もたちチャンネルを立ち上げてから1年ほど経った頃急に思い出して

そろそろコンテンツも充実したし、大丈夫だろうと再度審査依頼をかけました。

動画の本数としては申請時107本程度でした。

まだ駄目

結果はNOでした。

審査が通らなかった理由としては下記項目に当てはまる場合のとの事。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、

  または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、

 または閲覧規制をかけている  

 コンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」

 やその変形、<または スペルミスを含んでいる場合/p>

 *SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

このようにざっくりココからココらへん該当してるかもだから無理ってな

かんじで、明確にココが該当しているので直してねとは言ってくれないのが

辛いところ。

たぶん思い当たるフシとしては5番目の項目。

その当時動画を投稿していて原因として考えられたのは

・アソシエイトに受かってはいないけど商品リンクを概要欄に書いてた。

・サムネイルにAmazonのロゴを載せていた。

・動画のタイトルにもAmazonの記述。

 ざっと思いつく限りではこれくらいかと思われました。

しかしネットで担当者が違えば審査に受かったという都市伝説?を

実証するため日を改めて何も変えないで再度審査に挑戦。

日を改めても無駄無駄無駄ァ

担当者が代わっても(わかりませんが)駄目なものは駄目だったようです。

そこで先ほど挙げた原因と考えられる項目を精査することに。

概要欄およびタイトルを変更するのは、ちょっと気が引けたので

Amazonのロゴが入ったサムネイル毎、違うサムネイルに変更してAmzonの

ロゴは一切使わないようにしました。

取り敢えずまたこれで審査を受けてみようということで何度目かの挑戦!

原因はたぶんソレよ!

f:id:side-eleven:20191122105814p:plain

おしきたああああああ!!!

 審査時間が滅茶苦茶速かったですね。

応募してから承認まで3時間くらいwww

今回わかったことはおそらくですがAmazonのロゴを使ったことが規約に抵触

したかもしれません。

普通に公開されているロゴを利用したのですが、ひょっとしたら編集中に

縦横比が変わって抵触したとか、はっきりとした原因はわかりませんが

ロゴを使わないで審査に通った事ははっきりとした事実です。

誰かの参考になればと思い記事にしたためてみました。

大元の承認さえ得れば、追加サイトの審査はそれほど厳しくは無いようなので

このブログの方も精力的に執筆したいと思います。

 

amazon(アマゾン)アソシエイト関連 小遣いブログ・テーマ
amazon(アマゾン)アソシエイト関連