サイドイレブン

ガンプラ成分多めでお送りしますが、ナゼナゼ君なので日常の疑問、矛盾、なぞを独自の視点で鋭く取り上げていきたいと思います。

たらこスパゲッティを作る

たらこスパゲッティである。

たらこパスタなどとは言わない。

堂々と胸を張ってスパゲッティと呼んでいいのである。

だってそういう種類なんだから。

何でもかんでもパスタパスタってさあ。

というわけで今夜の食卓はたらこスパゲッティである。

たらこスパゲッティをつくる

根幹をなすタラコ様にご登場願いましょう。

f:id:side-eleven:20200223183558j:plain

なんかふるさと納税で大量にあるタラコ。

確か留萌産だとか。

切れ子のようですが旨い逸品。

でも今回は躊躇われた。

だって生で食える物に火を加えて喰うとは、なにか重大な背徳行為を行っている気がしてならない。

いうなれば刺身を焼いて食うようなもの。

ウニ入りオムレツなどという愚策に走るような行為。

まあ仕方ない喰いたいっていうんだから・・・

たらこクリームソースに

f:id:side-eleven:20200223184320j:plain

たらこスパゲッティとはいっても色んなバリエーションがあると思うんですが、今回はスタンダードにクリームソース仕立てで。

タラコの皮と卵をほぐして生クリームとオリーブオイルの海の中へ。

この時の皮はもったいないので一緒に投入です。

要は口当たりの問題ですね。

結局食べ物ってのは胃の中に入れば一緒になるわけなんですが、そこら辺の美意識を失ったら文明人じゃ無くなってしまいます。

結果も大事ですが過程も同様に大事。

f:id:side-eleven:20200223185400j:plain

なんだろう。

綺麗に撮れないなあ。

もっと食欲をそそる写真を撮りたいと思う今日この頃。

この時の食し方が問題で、このタラコソースを喰う分だけ和えて喰う。

一度に全部ひっちゃけめっちゃかにかき混ぜて喰うのは私としてはあり得ない行為。

なので序盤終盤に掛けてのソースと麺とのバランスを考えるマネジメント技術が要求されます。

同様の事例としてカレーライスなんかも挙げられます。

カレーとご飯。

この配分を常に意識しつつどちらも対で終わらせるようにいただく。

なので石焼ビビンバとかああいうごちゃ混ぜにする料理が大の苦手。

焼肉屋に行っても一回も頼んだことは有りません。

なるべく料理は美しくいただく。

そうありたいと思っています。

そのまま乗っけてみたらどうなのか

生で食える物を火を通す罪悪感について前述しましたが、では素材そのままに生でいただくとなるとどうなるのか。

f:id:side-eleven:20200223190622j:plain

たらこの粒が残っていて大変お見苦しいですがご勘弁頂きたいと思います。

究極のたらこスパゲティ。

ポンと乗せただけ。

果たしてその味は・・・

うん、スパゲティとタラコがステレオ放送している。

麺とタラコ、この2要素が交わらない、平行線のままだ。

そうか素材の味も重要ながら、料理とはハーモニーなんだなあと思いました。