サイドイレブン

ガンプラ成分多めでお送りしたいのですがアクアリウムに超夢中。

【過去ブログアーカイブ⑨】rfactor HistorXHistoric GT & Touring Cars TC-65 ABARTH 1000TCRスキンコレクション

f:id:side-eleven:20210311225539j:plain

 

HistorXでは一番下位クラスであったTC-65クラスですが、ぶっちゃけ一番バトルが楽しめたクラス。

ホイールtoホイール、テールtoノーズの文字通り肉弾戦が繰り広げられたクラスでありました。

このクラスが魅力だったのは、比較的車速を抑えられたクラスなのと非常にバラエティに富んだラインナップだった事。

重量級だとマッスル代表のマスタング、ファルコン、マッスルでは無いけどジャガーのマークⅡ。

軽量級がミニ、アバルト、アルファのGTA、ロータスのコルティナと非常にバラエティに富んだラインナップでした。

ていうか今じゃ考えられないラインナップでしょ。

今のマスタングとアバルトでレースになるのかっていったら?ですが・・・

だいたい私は頻度で言うとアバルト、マスタング、GTAの順でマルチでエンジョイしてた記憶があります。

そんななか今回はアバルトのスキンコレクションをお届けしようと思います。

実際のアバルト1000の映像ですが、違和感が無いですね、rfatorと。

この内側のストロークしてるハンドルはなんなんだろう。

一度でいいからスパを走ってみたいですね。

オールージュとか怖いんだろうなあ。

ABARTH 1000TCR アバルト純正カラー

f:id:side-eleven:20210313223359j:plain

f:id:side-eleven:20210313223413j:plain

f:id:side-eleven:20210313223423j:plain

f:id:side-eleven:20210313223445j:plain

f:id:side-eleven:20210313223456j:plain

f:id:side-eleven:20210313223505j:plain

フェラーリ風味に味付けしたイタリアンですね。

その出で立ちまさにピッコロモンスター。

ABARTH 1000TCR カストロールカラー

f:id:side-eleven:20210313223723j:plain

f:id:side-eleven:20210313223754j:plain

f:id:side-eleven:20210313223818j:plain

f:id:side-eleven:20210313223834j:plain

f:id:side-eleven:20210313223846j:plain

f:id:side-eleven:20210313223857j:plain

WRCのカローラのカストロールカラーのオマージュです。

実はカローラのWRカーを一度だけ実物を見たことがあって、非常に迫力があり今でも脳裏に焼き付いています。

グリルもカローラ風に仕上げてみました。

ABARTH 1000TCR Flipカラー

f:id:side-eleven:20210313224417j:plain

f:id:side-eleven:20210313224430j:plain

f:id:side-eleven:20210313224439j:plain

f:id:side-eleven:20210313224447j:plain

f:id:side-eleven:20210313224457j:plain

f:id:side-eleven:20210313224459j:plain

f:id:side-eleven:20210313224519j:plain

何かでこのFlipのロゴを見かけて、あぁこのカラーリングいいなあと思って作った記憶があります。

Flipが何を意味するかはわかりませんが・・・

ペンキで書きなぐったかのようなラフなカラーリングにしてみました。

何でも似合うなあ。

 在りし日のOSSAN鯖

またしても在りし日のOSSAN鯖の模様を。

f:id:side-eleven:20210313225048j:plain

f:id:side-eleven:20210313225055j:plain

f:id:side-eleven:20210313225102j:plain

f:id:side-eleven:20210313225111j:plain

たしかこの時はOSSAN様をプッシュして回してしまいました。

もう10年以上も前なので時効ですよねwww

f:id:side-eleven:20210313225425j:plain

f:id:side-eleven:20210313225429j:plain

f:id:side-eleven:20210313225437j:plain

OSSAN鯖には宇宙人と呼ばれるエキスパートが何人も居ました。

その方たちに交じりながら下手くそながらヒィヒィいってたものです。

今にして思えばOSSAN鯖の素晴しかったところはサーキット選びにあったと思います。

HistorXのMODのバランスもさることながら、毎回OSSANさんの選ぶサーキットは1週長くても2分くらいで回れるコースばかりなので、コースをすぐに習熟できバトルに集中する事が出来ました。

1週それだけ短いってことは、日本からの知名度的にほとんどないサーキットばかりで非常に楽しめました。

rfactorには星の数ほどのサーキットがありますので、非常に楽しい想いが出来ました。