サイドイレブン

ガンプラ成分多めでお送りしたいのですがアクアリウムに超夢中。

ブリリアントブラックネオンテトラ

f:id:side-eleven:20200603225831j:plain

水槽も60cmにアップデートする事が決まったので、それに先行する形で生体も追加しようと思います。

今回追加する生体はブリリアントブラックネオンテトラという少々名前が長いですが、カッコイイおさかな。

 

黒いカラシンが目当て

なんかこう最近、黒い魚が気になってて候補としてはケリーの色違いインパイクティスケリースーパーブルー、ブラックエンペラーテトラ、ブリリアントブラックネオンテトラ。

このあたりから出会い次第で追加しようと思いました。

ケリーのブルー個体は見るには見るんだけどもどうも状態があんま良くない。

それにお値段も微妙に高し。

ブラックエンペラーはそもそもエンペラー事態みない。

そんなこんなで非常に運よく、ブリリアントブラックネオンテトラと遭遇、晴れて向い入れたのでした。

 

色もそうだけど、あるところも捨てがたい

f:id:side-eleven:20200603230559j:plain

体色としては通常のブラックネオンが体の中心にグローライトな線が入ってその下部を黒いグラデーションといった趣ですが、ブリリアントはグローラインも塗りつぶされ頭、下腹部、ヒレ以外はブラック。

これが非常にカッコイイ。

姿も名前もネオンテトラと付くことからネオンテトラの近縁と思われるかもしれませんが、実はネオンテトラはパラケロイドン属Paracheirodon、それに比べてブラックネオンはハイフェソブリコンHyphessobrycon

ウチでいうとロージーの近縁なんです。

ハイフェソブリコンというとタナゴ型のハイトな体高を印象するけどブリリアントはかなりスマートです。

ただ色んな写真をみるに、将来の体形の乱れ(肥満)に気を付けなくてはいけません。

体色もさることながら、私はある部分のカラーのフェチでもあります。

それは眼の部分のいわゆる白目の部分。

コレがブリリアントは紅いんです。

この白目の部分が紅い魚が好きなんです。

例えばエンゼルフィッシュも大きくなるとそうです。

他にもディスカスの一部とかシクリッド系は多いかもしれません。

ここが紅いとすごく目元が強調されてカッコよく見えます。

カラシン系でこの紅い目ってそういないんです。

なので私にとっては非常に理想のカラシンといえます。

じゃあなんで普通のブラックネオンに手を出さなかったかというと、これは先住のケリー達が既にいて色味がカブリ気味だったという悲しい事情があるからです。

 

派手さは無いけどシックな魅力

f:id:side-eleven:20200603231951j:plain

f:id:side-eleven:20200603232043j:plain

f:id:side-eleven:20200603232120j:plain

f:id:side-eleven:20200603232021j:plain

カラシンでいうとネオンテトラ、あるいはカーディナルテトラなんかに比べれば派手さはないのは否めません。

ただ小さいながらでも黒だととても存在感があります。

またブラックモーリーのようなベタ黒では無くて、細かいグラデーションの黒が淡く乗るという、いかにもカラシンの繊細さが私は好きです。

 

現在は白点病治療中

そんな彼ら(彼女?)も現在は白点病治療中です。

カーディナルから端を発したと思われる白点病ですが、メイン水槽を設けたことによって薬浴水槽を確保できたのでケリーとブリリアンツはしっかりと治療に専念してもらいたいと思います。

現在白点の症状は見られませんが、この状態からが本来の薬浴開始なので、しばらくの間がんばろうね。