サイドイレブン

ガンプラ成分多めでお送りしたいのですがアクアリウムに超夢中。

【過去ブログアーカイブ③】アメリカンマッスルマッスル~MarlboroMosler/ESSO Ultrafro Corvette C6

過去ブログアーカイブ第3弾はアメリカンマッスル。

モータースポーツにおいて大排気量レーシングカーってのは特異な魅力を放っていると思います。

NASCARをはじめアメリカには大排気量レーシングの歴史が脈々と受け継がれています。

今回のスキンもGTR EVO用に作ったものでした。

GTR EVOはもう何回か続くかも。

Marlboro MoslerMT900

f:id:side-eleven:20210216104015j:plain

f:id:side-eleven:20210216104027j:plain

f:id:side-eleven:20210216104037j:plain

f:id:side-eleven:20210216104052j:plain

f:id:side-eleven:20210216104059j:plain

f:id:side-eleven:20210216104110j:plain

f:id:side-eleven:20210216104121j:plain

マールボロカラーってのは大抵どんな車にもマッチするのでレプリカするのは

もはや鉄板。

年代とかによってもロゴが微妙に違います。

今はタバコスポンサーが表立ってスポンサード出来ないですが、往年のレーシングカーには必ずと言って良いほどタバコブランドが彩られたもんです。

マールボロ、キャメル、JPS、ジタン、ロスマンズ、シルクカットetc

このモスラーってかつてはGT300でも走ってたことがあるので、分かる人には懐かしいクルマかと思います。

こうやってスキンで遊べるのがレースシュミのひとつの醍醐味なんですが、やり方に関しては殆どわかりやすい情報がありません。

仕方が無いので泣きながら英語で調べていくことになります。

誰にも需要が無いと思いますが、参考までにスキンを作りたいtemplateファイルを探す。

元のファイルはたいていpdsファイルなのでフォトショップで編集。

DDSファイルにして指定されたフォルダにブチ込む。

ざっとこんな感じでしょうかね。

基本的にどんなレースシュミレーターでも多少の違いこそあれ同じような感じだと思います。

基本的にスキンを作って楽しむ人はかなりのマイノリティです。

GTR EVOもマルチなんて数えるくらいしかやったことが無く、オフかスキンばっかり作ってましたね。

ESSO Ultrafro Corvette C6

f:id:side-eleven:20210216115145j:plain

f:id:side-eleven:20210216115154j:plain

f:id:side-eleven:20210216115202j:plain

f:id:side-eleven:20210216115212j:plain

f:id:side-eleven:20210216115220j:plain

たしかJGTC時代のスープラのカラーリングがモチーフのエッソウルトラフローカラーの

ベット。

テンプレートが用意されていればその箇所はカラーリング可能なので、例えばライトのインナーとかヘッドライトのカラーもイケるやつは変更可能です。

これはライトをイエローにしてたはず。

基本的にバナー(正面ガラスの上の部分)は参戦しているスポンサー名や選手権名等統一されているのが普通ですが、この時のGTR EVOはあやふやな感じだったと記憶してます。

この頃はGTR EVOがそうだったんだけども、架空のシリーズ(ブランパンGTとかGT選手権みたいな実在の選手権では無く)のクルマだったのでどうしてもリアル差に掛ける部分があった。

この頃ってGT選手権が終わったり、いわゆるスポーツカーベースの選手権が下火になってた頃だったと記憶してます。

レーシングシーンを一世風靡するGT3車輛が登場するのはもう少し先の話だったかと。