サイドイレブン

ガンプラ成分多めでお送りしたいのですがアクアリウムに超夢中。

中華スマートウオッチのバンドを換えてみた

f:id:side-eleven:20210402222128j:plain

前回Amazonで中華スマートウオッチを購入したのですが、あまりに純正のついてきたバンドがショボすぎて、とてもじゃないけどフィット感、着け心地、質感等々あらゆる要素が耐え難かったので同じAmazonでバンドを見繕って早速交換してみました。

www.side-eleven.com

Amazon上ではバンドの種類も豊富

Amazonではスマートウオッチも豊富だったけど、バンドの方も負けず劣らず豊富。

今回もいろいろ迷っちゃうけど、どういうのが欲しいのかだいたい目星はついてるつもり。

f:id:side-eleven:20210402224309j:plain

標準でついてきたバンドのどうしようもない部分は色々とあるけど、耐えられない部分としてこの留め具の部分。

この部分がバンド面より面がとられているとはいえ、内側に飛び出ているのでこの部分が腕に当たって痛くなる。

安っぽしい(実際安いが)、材質が、付け心地がとある程度目を瞑れる部分はあるけれども、痛みを伴うものは流石にNG。

一刻も早く換えたいトコロ。

アップルウオッチ風味

そんな中選んだバンドはこいつ。

アップルウオッチのバンド風味のモノにしました。

f:id:side-eleven:20210402225305j:plain

f:id:side-eleven:20210402225313j:plain

パッケージはとても簡素極まりない。

バンドの取付幅は22㎜なので22㎜用のバンドをチョイス。

バンドの取り外しはイージーだった

最初に取りつけたときは裏側のノブがわからなくてパワープレイで取り付けたんだけれどもスライド用のノブを発見したのは取り付けが終わってからの話。

今回はさっそくそのノブを使ってスライドして取り外そう。

f:id:side-eleven:20210402225952j:plain

バンドのウオッチ取り付け部の取付棒のスライドノブを縮めるとバンドを取り外す事が出来ます。

f:id:side-eleven:20210402230120j:plain

バンドそのものは5秒くらいで外す事が可能ww

それにしてもウオッチ側の固定ピンが恐ろしく細いこと

荷重がかかった場合、例えばバンドが何かにこすれたり引っ掛かかった場合、瞬時にこのピンが折れるか或いは芯棒が曲がるか、バンドが切れるかの何れかだと思います。

f:id:side-eleven:20210402230505j:plain

取り外した本体。

なにかユーモラス。

速攻取付

f:id:side-eleven:20210402230640j:plain

f:id:side-eleven:20210402230625j:plain

バンドは表側はブラックだけど、背面はグリーンになっていて通気口となっているダミーホールからも除くおしゃれなバンド。

1,000円チョイの製品で品質的には高級感が漂うとまでは全くいかないまでも、取り外した最初のバンドよりは全然質感も高く、それなりに強度もありそう。

このバンドも当然のように取り外したバンドとおなじく裏側に芯棒のスライドノブが搭載されてて脱着も容易。

価格も安いので気分によってバンドを換えるのもイイかもしれない。

f:id:side-eleven:20210402231058j:plain

f:id:side-eleven:20210402231051j:plain

腕への固定の仕方はというと、まず突起の金具を下側に腕にセットして然るべき位置にあわせて穴に押し込む。

この写真でいうと右側の縦穴が空いてある部分からノブの金具までが右側からきて下に配置されて、左側からきたバンドが上となり、中央の穴にセットする。

あまった左側のバンドはホールに通すことになります。

この余った部分をホールに通す事になるので仕上がりはピンで固定したよりバンドの厚さ分内径が狭まる事に。

気持ち緩めで固定するといいかもしれません。

バンドの固定は中央の穴しか使わないので(一応端の穴でも固定は可能だけど)普通のバンドと比べて通気性が優れてる事がわかります。

f:id:side-eleven:20210402231936j:plain

f:id:side-eleven:20210402231946j:plain

純正でついたバンドに比べてフィット感、通気性ともにこちらの方が遥かに優れております。

イメチェンしてみたい方はバンド交換してみてはいかが?